お客さんの元へ出向くキッチンカーレンタル

資金が少なく、流動的な店舗のキッチンカーは、日本の昔から存在をしていたのでした。

 

屋台というと、江戸時代には出現をしていて、そこでお寿司とかそばなどが売られていました。

 

商売をする上で、屋台はリヤカー一つでできるスタイルこそ、利益重視の人には便利な商売道具と言えます。そこで有名になったのは、チャルメラを鳴らすラーメンの屋台でした。
また、行政などの規制も厳しくなった背景には、不法移動販売の出現や暴力団の資金源になっていると言う事もあります。
移動販売での屋台というのは、今ではその言葉すら使われなくなりましたが、移動販売そのものの原点は屋台デス。そこで、屋台を模した屋台村は全国各地に存在をしますが、こちらは移動販売というよりは、お店の形になってます。

 

現に、移動販売をしてると、暴力団からのショバ代の請求を受けたという被害報告もあるようです。

 

この形こそ、現代でいう移動販売になります。その後、第二次世界大戦後の闇市の屋台が広がっていきました。

 

屋台は、非常に便利な食堂として、大衆にも大ウケとなりました。
キッチンカー業で、日本でいうと屋台があります。
店舗がない住宅などにも、豆腐屋や焼き芋屋などで移動販売の形で商品が売られ、現在も団地内の野菜とかパンを売るなど、姿形を変えての屋台は生き延びてます。


ホーム RSS購読 サイトマップ