お客さんの元へ出向くキッチンカーレンタル

一般に飲食店では原価の率は3割程度が目安やりますが、ココに利益をあまり上乗せしないという事が大事となります。
移動販売では薄利多売が基本であることに留意してメニューを決められるとよいといえます。
まず、キッチンカーの場合、共通のコンセプトとしては薄利多売という点があげられます。
利益を求めるばっかりに値段を高くすると、もっと安い移動販売店へクライアントが流れてしまうおそれがあります。
移動販売に立ち寄るクライアントはあんまり高いメニューを求めることは少なく、安くて気楽に飲食を楽しめるということを求めていると言えます。
それに、他店との差別化をはかる必要があります。

 

つまり、そのお店でしか食べられないというメニューやサービスを作るということです。
たとえば、焼き鳥の移動販売をされるんであれば、一品だけでも独自のルートで仕入れた特段おいしい地鶏のメニューを作るなでデス。

 

仮にゆっくりしたいのであれば、固定お店の個室の居酒屋などを選んで入ります。

 

飲食店をキッチンカーで開業をされる場合、当然のことながら移動販売のメニューの決定が非常に重要になります。
もちろん、修行などをされてお得意な料理や良い仕入れ先を発見された時にはその仕入れた素材でメニューをお決めになることと思われます。
ただ、移動販売としてメニューを決めるときには、次のような点に留意されて、移動販売のメニューを決められると効率的に売上を伸ばす事につながると言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ